講師:天地 琉聖氏 / Ryusei Amachi(あまち りゅうせい)
(※詳しい情報は天地琉聖プロフィールをご参照下さいませ)。
現職:沖縄NGO非営利民間機構/WEOグループ代表・ヒーリングプロデューサー・創作家
自立型健康学講師・平和学習講師・人権教育講師・作詞・作曲家
フリーマングループ総合プロデューサー・ヘルス・ヴォイストレーナー・平和音楽家・社会貢献活動家として様々なシーンで活躍。

<主な経歴>
国連大学長ハンス・ファン・ヒンケル氏、脚本家・内舘牧子氏はじめ、各界著名人講演オープニング
コンサートを務める。また、元国連アナン事務総長「平和のメッセージ」BGMプロデュース、
世界エイズデー、24時間テレビ「愛は地球を救う」日本テレビ系列にゲスト出演。
2004年においては国内・海外一流ミュージシャン(ニューヨークのマドンナ氏プライベートオフィス
:マーベリックレコード契約アーティストのT.I氏が自らサウンドプロデュース&ピアノプレイヤーとして参加
コラボのレーコーディング、キロロやHYを輩出したレーベルよりアルバムリリース。
また、筑紫哲也氏ニユース23、ニユースの森番組提供・企業イメージ「TV-CM」
タイアップソング「永遠に」/TOWANIを手掛け話題を呼ぶ。

<コメント>
伊佐誠の父母方には、ひめゆりの塔にお二人、ずいせんの塔にお二人の名前が刻まれており、
又、戦前には祖母の長男が皇室に招かれ、沖縄代表として銃剣術をご披露なされたことを伺っています。
以上の血筋から観ても、伊佐誠が様々な役割とミッションを担っているとご理解頂けると思います。


<主な実績>
●世界のウチナーンチュ大会出演。
●文部科学省推薦ガイアシンフォニー第4番『地球交響曲』上映オープニングコンサート開催。
●環境省推薦アニメーション映画『ダイオキシンの夏』上映オープニングコンサート開催。
●世界文藝社第11回8.15国際平和美術展ゲスト出演
●国際センターJICAフェスティバル出演。
●出張講演/講演&ヒユーマンコンサート開催(主催:福岡県人権・同和教育研究協議会)
  テーマ~人・地球にやさしく生きる~<誰もが大切な存在だから>参加人数2,800名(アクロス福岡
  シンフォニーホール)


“人と地球にやさしく生きる”を最大のテーマに、紛争・地球温暖化・性・エイズ・
いじめ・キレル・家庭環境・こころ・たばこ・アルコール・
薬物依存・健康被害・人権問題など取り挙げ、ハートフルな
歌の世界とメッセージを織り交ぜた公演を継続して開催している。
 「国境・民族・宗教」を超越し、この世すべての平安を願い、
『家族・人類愛』を基調とした活動が実を結び、南アフリカ共和国大使館協力のもと、
南アフリカ共和国副大統領日本初来日の際招かれている。
現在、南アフリカの最も貧しい州に数えられるリンポポ州の継続的支援を
おこなう為、誠実、且つ、人の尊厳と痛みを知る正規プロジェクトメンバーの
発掘とネットワークづくりに邁進中!

<コメント>
性・エイズ・アルコール・薬物・人権・平和・家族・人類愛・健康・環境・社会貢献・情操教育など、
様々な出会いと経験をベースに社会貢献活動に奮闘する天地琉聖氏。

沖縄出身の天地氏は、少年期にいじめ、差別、迫害、不登校、
両親の離婚、成人後には、パニック障害、健康被害、事業倒産などを
経験したものの、家族や教師の愛、音楽との出逢いにより人生の活路を見出されたといいます。

性・いじめ、人権、家庭環境、アルコール問題、自立型健康学、音楽療法、
自立型健全育成支援に関して、実体験に基づいたメッセージを発信して居られ、
「人・地球にやさしい」を最大のテーマに、講演&メッセージ音楽を通しての
ホットな活動を真摯に続けられております。また、「自然・愛・平和」を基調とした
社会貢献活動は、2006年~2007年に於いては、教育機関及び国の機関が主催する
プロジェクトのもと開催されている。

天地琉聖氏の御父母さま方に、ひめゆりの塔にお二人、ずいせんの塔に
お二人の名前が刻まれており、又、戦前には、ご祖母さま御長男殿が
皇室に招かれ、沖縄代表として銃剣術をご披露なされたと言うことも
聞いております。以上の血筋から観ても、天地氏が様々な役割とミッションを
担った方だとご理解頂けると存じます。

<専門分野&ジャンル>
命、人権、夢、希望、家族・人類愛、食、健康増進、アルコール・薬物、心の教育、
性・エイズ、平和学習、生涯学習、男女共同参画、芸術、経験・体験談、
気づき、意識改革、ボランティア、家庭環境、
自立型健康学、環境教育、社会貢献

<対 象>
小・中・高・大学機関、PTA、教育指導者、官公庁、自治体、
社会福祉施設、病院、企業、労働組合、
社会奉仕団体、NPO、NGO、その他ご相談。

<主な実績>
1999~
●沖縄県公衆衛生協会管理の下、中央保健所内に設置された、「 HIVネットワーク沖縄」ボランティアサポート。
●WWF JAPAN「世界自然保護基金日本委員会」サポート始め、数々の公益性ある公演活動を開催。

2001~
●不登校の問題を抱える青少年のサポート講演&メッセージ音楽鑑賞会開催。
●世界エイズデー・ ゲスト出演をきっかけに、第2回・第3回 エイズ撲滅チャリティーコンサート出演。
●マスメディア協力の下、国内・海外のトップアーティストが集うダンスクラブ松下での青少年健全育成支援定期公演開催。
●脚本家:内舘牧子氏始め、各界著名人の講演オープニングコンサート務める。
●国立ハンセン氏病療養所沖縄愛楽園公会堂に於いて、慰問クリスマスプレゼンツコンサート開催。

2002~
●国連アナン事務総長『平和のメッセージ』、BGMプロデュース。
●130万県民「平和の光」イベントコンサート出演。
●第3回世界のウチナーンチュ大会出演。
●日本ユニセフ協力の下、ユニセフ支援チャリティーコンサート総合プロデュース。
●文部科学省推薦ガイアシンフォニー第4番『地球交響曲』上映オープニングコンサート開催。
●環境省推薦アニメーション映画『ダイオキシンの夏』上映オープニングコンサート開催。
●日本テレビ系列/24時間テレビ『愛は地球を救う』ゲスト出演。

2003~
●国内・海外で平和美術展を開催する世界文藝社の第11回8.15国際平和美術展ゲスト出演、オープニングコンサート務める。
●ニュース23・ニュースの森番組提供:大手企業沖創建設タイアップイメージTV-CMソング、「永遠に」/TOWANIを発表、
ロングランに流れ話題を 呼ぶ。
●大物女優との福岡平和コンサートはじめ、鹿児島遠征公演開催。
●沖縄県普天間基地包囲行動(連合沖縄主催)コンサート総合プロデュース。

2004~
●那覇市制80周年第24回生涯学習フェスティバル ゲスト出演。
●国際センターJICAフェスティバル・数々の慰問コンサート開催。
●JTB沖縄主催≪琉聖平和体験学習講演&コンサートを開催≫、他、国内ホテルディナーショーなど出演。
●日本初!「人・地球にやさしい」を最大のテーマに、沖縄NGO非営利民間機構/WEOグループ総合プロデュース、
エンタティメント・音楽・講演・アート・映像・文化芸能・様々なプロジェクトを通して、青少年自立型健全育成支援
いじめ・人権・環境・平和教育・エイズ撲滅・健康被害周知啓発・武器・核兵器廃絶ピースネットアクション・
地球温暖化防止普及啓発推進。 並行して、南アフリカ共和国大使館の協力の下、南アフリカで最も貧しい州に
数えられるリンポポ州の支援の輪を
世界に先駆け、ネットワークづくりに邁進する。(※2005年、南アフリカ共和国副大統領日本初来日の際招かれる)      

2005~
●沖縄伝統芸能子供集団「ティダ童」総合プロデュース。
●沖縄県主催:第1回人権ラブソングコンテストの審査委員長務める。又、ゲストミュージシャンとしてTV-CMタイアップソング
「永遠に」/TOWANIを披露。
●牧師を父にもつ三姉妹のコーラスグループ:マナ・レコーデイングプロデュース。
●在東京、南アフリカ共和国大使館協力の下、南アフリカ支援チャリティーコンサート第1回・第2回沖縄大会を総合プロデュース。
<共催:南アフリカ共和国大使館(第1回・2回)><共催:沖縄県浦添市(第2回)協力:沖縄県国際交流課・県内外の
マスメディア(ラジオ・テレビ・新聞・全国版情報誌・インターネットワークサポーター)

2006~
●子育て支援社会福祉事業:「対馬丸生存者元教師/平良 啓子先生講演&琉聖メッセージ音楽観賞会開催。
●南アフリカリンポポ州の継続的支援を本格的に行う為のネットワークづくりを引き続き推進。
又、メッセンジャーの発掘と世界に先駆けたNGO芸能活動家グループ&NGO活動家メンバーのネットワーク創りに邁進する.。
●学校講演2006/石垣市/八重山高校・うるま市/前原高校・浦添市/陽明高校・宜野湾市/宜野湾高校に於いて、平和体験学習/
天地琉聖氏講演&ピースフルコンサート開催。(生徒参加人数:2,140名)
●東横イン元麻布ギャラリーにて、地球温暖化防止普及啓発グループ展総合プロデュース。又、各地域病院での慰問、
「人・地球にやさしい」講演&メッセージ音楽鑑賞会開催。
●沖縄歴史研究家/ 新城俊昭先生:Toshiaki Arashiro「沖縄の現代史序説」講座オープニングコンサート開催。
●国連大学学長:ハンス・ファン・ヒンケル氏来県、国連アジア太平洋本部沖縄誘致、「国連大学平和構築プログラム設置についての
記念講演オープニングコンサート務める。 
●沖縄県立首里高等学校に於いて、「STOPエイズフォーラム2006」天地琉聖☆講演&人権ラブコンサート開催。 
(参加生徒人数1、460名)
●厚生労働省主催/第6回全国障害者芸術・文化祭おきなわ大会に於いて、天地琉聖コンサートを開催し称賛される。

2007~
●静岡県出張講演/社団法人JC沼津青年会議所主催&プロデュース:天地琉聖氏 講演&メッセージ音楽鑑賞会開催。
演題:「一期一会が人生を変える」~開け 思いやりのこころ~(参加人数約400名)
●福岡県出張講演/福岡県人権・同和教育研究協議会主催:天地琉聖氏講演&ヒユーマンコンサート開催。
テーマ~人・地球にやさしいく生きる~<誰もが大切な存在だから>参加人数2800名(アクロス福岡シンフォニーホール)
●JICA沖縄国際協力機構・交流フェスティバル2007・国際交流音楽祭に於いて、天地琉聖ヒューマンコンサート開催&
総合プロデュース務める。
● 学校講演2007/寄宮中学・豊見城高等高校・開南小学校・具志川商業高等高校・北部農林高等高校に於いて講演&
ヒューマンコンサート開催(いじめ・人権・性・HIV教育)。その他数多くの講演依頼がありましたが、スケジュール調整が
難しく断念。

2008~
●学校講演2008/読谷高等学校(平和学習)普天間中学校(平和学習)浦添工業高等学校(性・エイズ教育)南部農林
高等学校(性・エイズ教育)、「環境の杜ふれあい」一周年記念事業において、天地塾「21世紀型感動体験」講演&
ヒューマンコンサート開催、コザミュージックタウン音市場ホールにおいて、沖縄市エコアクション「ECO THE WORLD」に招かれ、
天地琉聖氏講演&ヒューマンコンサート開催、那覇市市議会議員激励会天地琉聖音楽鑑賞会開催、FMラジオ定期ゲスト出演に
おいて、地球温暖化防止、健康増進、平和アクションを推進。その他県内外より数多くの講演依頼,、また、TV出演依頼などが
御座いましたが、スケジュール&予算の調整が難しく断念。

2009年~
●WEOグループ関東事務局発足のため上京、また、社会貢献型リーディングカンパニー設立に向け奮闘。
以上のプロジェクトを円滑に行うため、TV,ラジオ出演など、その他、WEOグループ主催に依る社会貢献型イベント開催をすべて延期する。
2010年~
●WEOグループ関東事務局準備室を中野区を経て世田谷区内に設置、また、社会貢献型リーディングカンパニー渋谷区内に設置完了。
2011年~
●WEOグループ関東事務局準備室を環境の良い八王子市内の山手へ移し、正規メンバーのネットワーク構築に奮闘。
2013年~
●月刊誌「Wendy」コラム名:本音のエッセイにおいて、4月15日メッセージを掲載発表。
タイトル:「21世紀は人と地球にやさしい国創りを基調にアクション」(発行部数全国版95万部)。



●講演依頼につきましては、先ずはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
info@freemangroup.jp
(24時間受付)